いっぱいあって選べない?手帳の種類とタイプを自作の図入りで紹介するよ

日記・手帳
Pocket

手帳を買いに行ったら種類もタイプも様々で、何を買っていいのか迷ってしまうことってありませんか?

あまりにも店頭に並んでいる量がが多すぎて自分にあった手帳がどれか分からない。

そんなあなたに是非読んでもらいたい!手帳の種類とタイプ別を自作の図を使って詳しくご紹介します。

タイプ別のおすすめ用途も一緒に載せてるので、手帳選びの参考にして下さい。

手帳の種類

手帳には自分でリフィルを選んでカスタマイズできるシステム手帳と、すでに1冊に製本されている綴じ手帳があります。

どちらもそれぞれメリットとデメリットがあるので、システム手帳にするか綴じ手帳にするかは個人の好みになってきます。

ちなみに私は年に4種類ほどの手帳を同時に使っているので、システム手帳も綴じ手帳も両方使用しています。

システム手帳

システム手帳はバインダー式になっていて、自分にあった用紙(リフィル)を自由にカスタマイズできる手帳です。

システム手帳のメリット、デメリット

メリット
  • 不要になったページはいつでも取り外せる
  • リングに収まる範囲内であれば用紙の補充ができる
  • 定規や電卓などのアクセサリーが豊富なのでカスタマイズが楽しい
  • 長く使える
デメリット
  • 利き手と逆のページに記入するとき、リングが邪魔になる
  • バインダーは高いものが多い
  • 重くて持ち運びにくい
  • かさばって持ち運びにくい
  • 綴じ手帳に比べると種類が少ない

綴じ手帳

綴じ手帳とはすで製本された手帳です。

1月はじまりか4月はじまりの物が多く、9月から翌年5月ぐらいまで店頭でたくさん並んでる手帳の多くがこの綴じ手帳です。

綴じ手帳のメリット、デメリット

メリット
  • 1年毎に気分を変えられる
  • 種類がが豊富
  • サイズが豊富
  • 軽くて持ち運びに便利
デメリット
  • 書き込んだ内容を翌年の手帳に引継ぎができない
  • 使用用途が途中で変わっても中身を変更することができない
  • 自分好みにカスタマイズしにくい

手帳のタイプ

マンスリータイプ(月間予定)

カレンダー形式になっていて、日付の所に予定を書き込むタイプの手帳です。

他のタイプの手帳にも必ずと言っていいほどこのマンスリーページが付属しています

100均でもかわいい表紙のものがたくさん販売されていますし、薄くて軽いから持ち運びしやすく、価格的にも重量的にも気軽に使えるのが魅力です。

マンスリータイプの最大の利点は、1ヶ月の予定がいっぺんに把握できることです。

友人との食事の約束、旅行の日程、通院日の予定など、空いている日にちを確認するのに向いています。

これは女性限定ですが、月経周期を管理しておくと、移動可能な予定をあらかじめ避けることができます。

おすすめ用途
  • 外出先での予定の管理
  • 子どもの学校行事の管理
  • 月経周期の管理

週間レフトタイプ (ウィークリー)

週間レフトタイプは左ページに1週間の予定などを書き込める欄が縦に並んでおり、右ページはフリーページになっているタイプの手帳です。

メモを取れるページが1週間ごとにあるので、予定以外のことを多く書き込めるのが利点です。

左側で予定や実績を管理し、右側のフリーページではアイデアや会議の内容などを記入するのに向いています。

ビジネスシーンでよく活用されますが細かい時間管理ができないので、時間単位で1日に複数の予定がある人にはあまり向いていません

おすすめ用途
  • 左ページで予定管理
  • 右ページで週のTODO管理
  • 右ページでアイデアや会議の内容などのメモ

週間ブロックタイプ(ウィークリー)

見開きで1週間分の予定が書き込めるタイプの手帳です。

レフトタイプと比べフリーページがない分、1日分の書くスペースが大きくなっています。

こちらもレフトタイプと同様に細かい時間管理ができないので、時間単位で1日に複数の予定がある人にはあまり向いていません。

週間ブロックタイプは1週間分の予定がいっぺんに把握できるのが利点で、ビジネスシーンはもちろんプライベートも活用できます

おすすめ用途
  • 仕事や家事などのTODO管理
  • 予定管理
  • ライフログ
  • 日記

週間バーチカルタイプ (ウィークリー)

週間バーチカルタイプの手帳は見開きで1週間分、1日分が縦長に配置されてるタイプです。

1日の時間毎のスケジュール管理に優れており、ビジネスシーンでは時間単位のスケジュールで仕事をする人に最も適しています

またビジネスだけでなく、育児中の忙しいママ・パパも使い方次第ではすごく役に立つタイプの手帳です。

おすすめ用途
仕事以外の使い方
  • 乳児の育児日記として、授乳・排泄・睡眠時間の把握
  • 子どもの塾や習い事の時間を把握し、すき間時間を有効に使うための時間管理
  • 睡眠時間や食事の時間、帰宅時間など自分の行動の把握と管理

デイリータイプ(1日1ページ)

デイリータイプの手帳は見開きで2日分、1日1ページたっぷり書けるタイプの手帳です。

とにかく書くスペースが大きいのが特徴です。

アイデアやイラストを書いたり、遊びに行った先の入場券の半券を貼り付けたり、使い方はアイデア次第で無限大です。

ちなみに私はこの1日1ページの手帳に日記をつけています。

おすすめ用途
  • 日記を書く
  • 育児日記を書く
  • イラストを描く
  • 趣味の記録をつける
  • 仕事の予定やTODOを書き込む

まとめ

手帳の種類はシステム手帳と綴じ手帳の2種類

手帳のタイプは代表的なもの5種類を紹介しました。

まずはシステム手帳と綴じ手帳のどちらかを選び、その次に自分の用途に合わせて中身のタイプを選んでいくと手帳選びに失敗しないで済みます。

この記事が手帳選びの参考になれば嬉しいです。

コメント